« 少しいらだってます。 | トップページ | 指紋採取など »

どうやら

岩国市長選は空母艦載機の移駐容認派が勝利しましたね。政府のアメとムチ戦術が効いたようです。当選したのは新人の福田良彦氏(37)ですが、無所属とはいうものの前自民党衆院議員ということですからずいぶん異例の立候補です。あまり聞いたことがないですね、国会議員から市長への転身というのは。今回の選挙での政府、自民党の本腰ぶりが伺えます。
岩国市長選、艦載機移駐容認派の福田氏が初当選[読売]

この選挙の結果が普天間飛行場移設問題にどのように波及するのかはまだ不透明なものがありますが、そろそろ動き出しそうな気配はありますね。一方で米兵のレイプ事件が起こったようです(本人は否定している模様)。いまのところは大規模な動きにはつながらないような印象を受けますが、この事件は沖縄世論にどういう影響を与えるのでしょうか。
女子中学生に乱暴、沖縄の米兵を逮捕 知事「極めて遺憾」[読売]

一方、民主党はこの事件にからんで基地縮小を訴えていますね。いたましい事件に対して抗議するのは正しいのですが、長期的にはともかくこのタイミングで基地縮小の発言はどうなんでしょうか。ゴーリスト政党をめざしているようにはとても見えないので民主党はまた旧社会党のような自己矛盾を抱えるような気がするのですが。もしかしてこれを「リベラル」だと思っている人がいるのだとしたら、もういい加減に目を覚まさないといけないですよ。現実的には対米自立を訴えるなら防衛費の拡大を、防衛費は抑制であるべきと考えるなら対米従属を受け入れるしかないのですから。民主・鳩山幹事長「政府は基地縮小を」[読売]
 
ちなみに米兵による犯罪についての統計は以下。これを見ると減少していますね。
Major crimes among military down in Japan[Stars and Stripes]

またメディアも基地問題を報じる際に、地元の反応を伝えるだけでなく世界規模で進む米軍のトランスフォーメーションの大きな枠組みの中でそれがどういう意味を持っているのか世界地図を掲げて丁寧に説明すべきです。そうでないと国民に対して安全保障や外交に関する正しい知識が提供されず、安保感覚が麻痺した状態が続くでしょう。これは決して我が国の民主主義にとっていいことではありません。まずは安全のコスト意識を高めるところからスタートすべきなんでしょう。

PS. なお沖縄県民の心情を軽視するつもりはありません。政治家はこの事件を安易に政争の具にするべきではなく事件の問題は事件の問題として法理に沿って適切に処理すべきだという趣旨です。

|

« 少しいらだってます。 | トップページ | 指紋採取など »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/10445277

この記事へのトラックバック一覧です: どうやら:

« 少しいらだってます。 | トップページ | 指紋採取など »