« 日本女性について | トップページ | フランス政局の印象 »

波乱の予感

チベットについては、わたしは通り一辺倒な認識しかなく、なにが起こっているのか把握しようと連日の報道を追いつつ、みなさん同様に今回の事態を憂慮しているところです。現在官憲に捕縛されるている抗議に立ち上がった人々の無事を祈るばかりであります。

民主党の長島議員のブログで以下のようなエントリーがありました。民主党有志の声明だそうですが、鳩山幹事長というのはなんともつかみどころのない方ですね、本当に。こうした声明がどういう効果をもつのかといった問題とは別に、意見だけは表明しておくべきです。少なくとも歴史的ドキュメントとしての意味はある。

「チベット情勢の人道的解決を望む」

今回のチベットにおける暴動は、49年間の中国によるチベット人権弾圧、文化破壊に遠因があるといわざるを得ない。これに対し、ダライ・ラマ法王とチベット人は、一貫して対話と非暴力によって問題を解決しようと努めてきた。しかし、未だ問題の解決には至っていない。

毎年3月10日に行われるチベット人による「平和蜂起記念日」がこのようなことになり、誠に残念である。中国政府は、真実を明らかにするとともに、人道上の見地に立って根本的な原因を除去すべく問題解決に努力すべきである。そのためにも、国際調査団の派遣を検討すべきである。

我が政府は、即刻、中国政府に対し、問題の理性的解決のため、あくまでも人権を尊重し事態の収拾を図るよう強く求めることを要望する。また、中国政府もダライ・ラマ法王と直接交渉し、和平をつくり出すような度量の大きさを見せて欲しい。

平成20年3月17日

衆議院議員 鳩山由紀夫、 民主党所属国会議員有志一同


一方でこの事変は台湾総統選に少なからぬ影響を与えているようです。中国的遠近法からみた場合、チベットが西の不安定地域ならば台湾は東の不安定地域になるのでしょうし、逆に台湾から見ればまったく他人事ではないと。228事件を想起させるのでしょう、おそらく。民進党の謝候補者にこれが追い風になるとふんだのか、国民党の馬候補者のレトリックがこれまでになく反大陸的になっている模様です。こことかこことか。馬候補者は日本の右派からはずいぶん嫌われているようですが、台湾人アイデンティティーというのは理屈でなくもう実感レベルで大衆に根付いているのでしょうか、支持を得るにはこうしたスタンスをとるほかないのでしょう。独立か統合かみたいな政治的に分極化した議論からより強かで現実的な方向に全体として収斂していっているように見えますが。ただの希望込みの印象です。

オリンピックまでにまだまだいろんなことが起こりそうです。いったいどうなってしまうんでしょう。。。

|

« 日本女性について | トップページ | フランス政局の印象 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/11506826

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の予感:

« 日本女性について | トップページ | フランス政局の印象 »