« 地方ニュース(2) | トップページ | OECD勧告 »

誰が日銀をチェックするのか

(以下事実の経緯に関して見立て違いの可能性があるようです。その点ご注意を。ただ金融政策の透明性と説明責任を確保してくださいという主旨は変わりません)

以前、日銀総裁人事をめぐる騒動が持ち上がった時、政友会、民政党の統帥権干犯問題に擬して「独立」の語の物神化について揶揄するエントリを書きましたが、Baatarism氏が一連の闘争の勝利者は日銀保守派ではないかという推測をしています。日銀保守派が民主党と連携して財務省を排除したというのが今回の騒動の政治的な本質ではないかと。わたしも同じことを想像していました。もっとも人物関係等についてなんの知識もありませんのでただの想像に過ぎません。

現状では日銀に多くの選択肢があるとも思えませんので、今回の人選が日本経済に与える影響は短期的には限定的なものにとどまるだろうと素人ながらに予測しています。とはいえ誰が日銀をチェックするのかという統治に関わる問題は中長期的に考えて重要な問題だろうと思います。わたしはチェック・アンド・バランスの効かない組織は存在しないほうがいいという原則が維持されることが望ましいと考えますので、日銀が誰からも監視、制御されない権力となることは避けるべき事態に思われるからです。

今後、経済運営のパートナーであるはずの政府、財務省との間でうまく協力関係が成立するのかどうかについてはいささか疑念を覚えます。またこれまでの経済論戦がごく限られたメディアの領域でなされてきたこともあってか、そもそも日銀がなにをする組織なのかという点についてすら広く国民に知られていないことは世論調査でも明らかになっています。一般国民にとっては誰が日銀総裁になるのかという問題は誰が首相になるのかという問題よりも時には直接的かつ切実な影響を与えるにもかかわらず。まあどこの国も似たようなものかもしれませんが。日銀の禅問答的な答弁の意味を理解できる人は専門家や関係者以外にはまず存在しないでしょうし、大手メディアは特定の組織や関係者の大本営発表や太鼓持ちしかしていないように見えます。

というわけで日銀の金融政策をどのように評価するにせよ、この組織の説明責任と透明性が十分に確保されていないということだけは確かだと思います。今、政治的に政府と財務省の影響力が弱体化したところでなされるべきは、まず総裁人事のあり方について、そして日銀のこれまでの、そして今後の金融政策の妥当性について議論が広くなされ、国民各層に周知されることだろうと思います。これは政府はもちろんのこと、メディアが担うべき責任でもあります。我が国のメディアがチェック機能を喪失し(元々なかったとも言えますが)、アドホックに特定の組織や利害関係者の代弁者をつとめてはなにかチェック機能を果たしているかのごとき振る舞いをしている現状を改めて、多様な立場からなる議論の場を常に開放し、なにか騒動が起きた時だけでなく、日銀の行動を常時監視し続け、場合によっては責任の追及もしていく機能を果たすことを願っています。

PS 日銀の一部と民主党が結束してという見立てについてBewaadさんの批判エントリ。日銀の中では国会対応で強そうな武藤氏歓迎論が強かったし、政局にふりまわされて困っているのは日銀だと。なるほど。この説に従うと、今回の「日銀の独立」の政治利用によって逆説的に国会に対して日銀の独立性は低下する結果になったということになるわけですね。なんだかこういう権力の作動の仕方には既視感がありますねぇ。なんでこうなるの。

|

« 地方ニュース(2) | トップページ | OECD勧告 »

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/12395753

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が日銀をチェックするのか:

« 地方ニュース(2) | トップページ | OECD勧告 »