« 宇宙基本法に関するメモ | トップページ | レバノン緊迫中(2) »

ベースボール詩人正岡子規

なんとなくハードな内容が続いているような気がするのでゆるめのエントリを挟み込んでおきます。私は野球少年だった時期もあるのですが、なぜかプロ野球にはほとんど関心を持ったことがないということもあって、野球の楽しさや野球特有の詩情というものをある程度知ってはいるのですが、ひいきの球団や選手がないために野球ファンとは話が通じないという微妙な境遇に置かれています。このように草スポーツは好きだがプロスポーツにはあまり興味がないというタイプはけっこうたくさいんいるような気がしますが、いかがでしょうか。

野球の詩情と言いましたが、正岡子規が我が国を代表する野球詩人の一人であることはご存知の方も多いでしょう。ホーレス・ウィルソンが東京開成学校予科(後の旧制一高、東大)で野球を紹介したのが1871年といいますから、正岡子規は日本野球の第一世代にあたります。ちなみに級友の夏目漱石の「坊ちゃん」にも野球の場面が確かあったはずです。子規は捕手として学生野球に入れ込んだ訳ですが、彼の野球狂は例の喀血まで続いたといいます。baseballを野球と訳したのは子規だというのは俗説とのことですが、野球用語の多くを翻訳したのは子規であると言います。「打者」とか「走者」とかいった基本的な用語です。そういうわけで子規は功労者として野球の殿堂入りを果たしているのだそうです。上野公園に正岡子規記念球場というものがあることを知っている方もおられることと思います。

ちなみにJapan Timesにvan den Heuvel氏の本の紹介記事が掲載されていますが、この日米文化交流の─草野球的な─試みに対して賛辞をおくっておきましょう。この記事によるとアメリカの最初のbaseball haikuはあのビート作家のケルアックがつくったものだそうです。

Empty baseball field

— A robin,

Hops along the bench

随筆『松羅玉液』は日本初のベースボール解説書として、また明治31年(1898年)の『竹の里歌』の9首はベースボール短歌として名高いものです。

久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬも


国人ととつ国人と打ちきそふベースボールは見ればゆゆしも

若人のすなる遊びはさわにあれどベースボールに如く者はあらじ

九つの人九つの場を占めてベースボールの始まらんとす

九つの人九つのあらそひにベースボールの今日も暮れけり

打ち揚ぐるボールは高く雲に入りて又も落ち来る人の手の中に

なかなかに打ち揚げたるはあやふかり草行く球のとゞまらなくに

打ちはずす球キャッチャーの手に在りてベースを人の行きがてにする

今やかの三つのベースに人満ちてそゞろに胸の打ち騒ぐかな

2首目のとつ国人(くにびと)とは外国人のことです。最後の満塁をうたった短歌が個人的にはベストであります。満塁の高揚したあの感じを簡潔かつ的確に言葉に写しています。

また俳句には次のようなものもあります。

春風やまりを投げたき草の原 


まり投げて見たき広場や春の草

恋知らぬ猫のふり也球あそび

球うける極秘は風の柳かな

若草や子供集まりて毬を打つ

草茂みベースボールの道白し

夏草やベースボールの人遠し

生垣の外は枯野や球遊び

蒲公英やボールコロゲテ通リケリ

有名な「まり投げて見たき広場や春の草」は草野球の真髄といいますか、経験者ならば誰の心にも響くでしょう。子規の野球愛は尋常なレベルを超えていたと言われますが、この人の短歌や俳句に特有な不思議な運動性は野球への入れ込み具合と無関係ではないのでしょう。それはスポーツマン的であるという意味ではありません。なにしろ「スポーツ」に最初の遭遇をした世代なのですから。なにかもっと個人的で不透明な感じです。私が無知なだけできっとさまざまな議論があるのでしょうが、写生や口語といった概念とは別にこの人の独特の運動感覚を表す概念が必要とされるのでしょうね。

|

« 宇宙基本法に関するメモ | トップページ | レバノン緊迫中(2) »

閑話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/20938199

この記事へのトラックバック一覧です: ベースボール詩人正岡子規:

« 宇宙基本法に関するメモ | トップページ | レバノン緊迫中(2) »