« GDP速報値 | トップページ | ガストン・トン・サン »

ふーん

アイヌ協会に改称へ・・・道ウタリ協会[読売]

昨年9月、「先住民族の権利に関する国連宣言」が採択され、文化や教育、経済的な権利や土地と資源など広い範囲の権利が定められた。宣言は先住民族に財産権を認めるよう求めており、先住民族と認定すると新たな財政措置が必要なことから、政府は、アイヌ民族が宣言に該当する先住民族かどうか、明確な態度を示していない。ウタリ協会は、先住民族の権利を要求していくためにも、改称で組織の性格を分かりやすくしようと判断した。加藤忠理事長は総会で「いよいよ協会の名称に民族名をかざす時がきた」と改称案を提案。会場から異論はなく、来年4月の改称が決まった。 [...] 国連宣言を巡っては、超党派の道選出国会議員らが3月、「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」(代表・今津寛衆院議員)を設立。アイヌ民族を先住民族と認定する国会決議を目指し、今国会への決議案提出準備を進めている。

例の国連宣言を受けた流れのようですね。アイヌ差別といっても歴史的にはともかく現在日常的なレベルではまったく実感がない話なのですが、あるところにはあるのでしょう。書物的知識ではなく、私が生きてきた範囲ではということです。名称はやはりウタリよりはアイヌの方がいいでしょうね。民族文化を静態的、固定的に捉える多文化主義的な思考前提を私はあまり評価していないのですが、どのような権利の保護を課題とするのでしょうね。もちろんアイヌであることをもって社会的に不利になるような不公正が是正されるべきであることは言うまでもありません。なおムネオ氏はブログで

これは新党大地の当初からの主張であり、アイヌ民族が先住民族と認めることによって、ロシア、アメリカと文化の面で共通の価値観を持つ事になり、特に北方領土もサハリンも先住民族はアイヌ民族であり、北方領土問題、サハリンのエネルギー確保についてアイヌ民族の歴史的役割を訴えることにより、多面的、重層的アプローチが出来ると私は考えている。とにかく速やかに国会決議が出来るよう努力していきたい。

となかなか鋭い指摘をしています。なおムネオ氏はただの利権政治家ではないとかねがね思ってきました。いや利権政治家でもあるのですがね。私の政治的志向性とはだいぶ異なりますが、日本の社会保守の典型としてそれなりの敬意のようなものも抱いています。こういうタイプの政治家はだいぶ不人気になってしまいましたがね。

ところで関係ないのですが、このニュース
米国社会への同化指数、韓国は4位[朝鮮日報]

ニューヨークにある自由主義シンクタンクのマンハッタン政策研究所が、人口調査統計などを基に米国への移住が多い10カ国出身の移住者の同化指数を算出し、13日に発表した。その結果によると、韓国人は100点満点中41点となり、全体の平均である28点を上回った。同化指数は外国人移住者と米国人との政治、経済、文化的な特性を比較して数値化したものだ。韓国は総得点で53点のカナダ、49点のフィリピン、43点のキューバに続き、41点のベトナムとともに4位となった。中国の同化指数は21点、インドは16点で平均を下回った。

分野別で見ると、韓国は経済分野では100点、文化では64点、政治では55点となった。経済分野では韓国だけでなくカナダ、フィリピン、キューバの3カ国も100点満点だった。しかし英語能力など文化面では、英語圏で米国と隣接しているカナダのほか、フィリピン、ドミニカ共和国、キューバ出身者が韓国を上回っていた。

韓国が4位とはいう部分ではなくて、「同化指数」なる概念の部分に目が釘付けになりました。むー、こういう調査はアメリカではOKなんですね。でも「あの人同化指数低そう」とか言ったらアウトなんですよね。あちらの状況に詳しい方、誰か教えて下さい。このassimilationに関するリポートですが、この記事が参考になります。メキシカンをどうするのかという問題で焦りのようなものが感じられます。アメリカのような国でもどうもかつての移民達とは違うという問題意識があるみたいですね。

|

« GDP速報値 | トップページ | ガストン・トン・サン »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/21013248

この記事へのトラックバック一覧です: ふーん:

« GDP速報値 | トップページ | ガストン・トン・サン »