« 実に寒い一日でした | トップページ | 提唱王 »

カダフィの高笑い?

欧州各国が金融機関の救済に動く中にあってさっぱり音沙汰のない中核国があります。そう、イタリアです。欧州第三の経済を誇るこの国の動きの鈍さはなにを意味しているのでしょうか。便りのないのはよい便りということでみなさん元気にやっておられるということなんでしょうか。それだといいのですが。

残念ながらイタリア語ができないために他国のソースに頼るしかないのですが(英字面のある新聞は読んでいますが、日本の新聞の英字面にも似てあまり面白くないですね)、最近のかの国のニュースと言えば、ファシスト絡みばかりでして、おいおい、どうなっているんだと心配したくもなるのですが、確かに移民関係でそれはまずいだろうというニュースもけっこうあるのですが、無論「ファシズムの復活」とやらを真に受けるほど当方ナイーブではないですので他国のメディアのフォーカスの偏りの向こう側でなにが起こっているのかもどかしい思いで眺めているわけですね。いや、歌ったり踊ったりしているんでしょうけれどもね。

"Italy's Economy On The Ropes (Again)"
まずビギナー向けにRGEmonitorでマクロ経済動向の判りやすい記事がありましたのでリンクしておきます。ちょっと辛目の記述ですが、近年のかの国の経済の綱渡りぶりが判ると思います。経済構造が基本的に違うので日本に関連づけてなにか言うのは難しいのですが、労働人口の減少問題などはあまり他人事とは思えません。がんばれ、イタリアですね。日本もですけれどもね。

Italian Economy Watch経由ですが、今回の金融危機にあたっての欧州各国の動きをまとめているGlobal Insightの記述によれば、

Italy
In a deviation from the measures seen in France and Germany, Italy has not created a fund for its rescue plan, with Finance Minister Giulio Tremonti stating that, "As of today, we estimate that it's not necessary to have a predetermined figure." The package of measures announced includes a Treasury guarantee for new bonds issued by banks until 31 December 2009 and valid for five years. The guarantee will be supplied at market prices and requires the approval of the Bank of Italy. Italy, Europe's third-largest economy, has also lowered the minimum collateral guarantee required of banks seeking a loan from the central bank to 500,000 euro, which should provide banks with capital until the bottlenecks in inter-bank lending are loosened. The Bank of Italy will also engage in a 40-billion-euro debt swap, taking on inferior bank debt for government bonds that can then be used to obtain financing from the ECB. The debt swap is due to begin on 16 October and to last for one month. Italy is in stark contrast to other European nations by providing no firm capital commitments; however, the government's reluctance to create a rescue fund could partly be a reflection of the restraints imposed by its substantial public debt, which stood at 104% of GDP in 2007.

といった具合でして他の国々とは対照的に金融機関救済の具体的な動きが見えないのですね。ベルルスコーニやトレモンティーのそれらしき発言はあるのですが。この記事ではその理由を104%に達した公的債務の制約の反映なのだろうとしています。そうなんでしょうかね。

それでイタリア第二の銀行たるウニクレディットに関する悪い噂は随分前から聞き及んでおり、ひそかにおそれおののいていたのですが、意外なニュースが入ってきました。政府がぐずぐずとやっているうちに、救済の手がかつての植民地たるリビアから伸びているそうです。これはオラなんだかわくわくしてきたぞという展開ですね。

"Libyan stake in UniCredit worries Rome"[FT]
短信なので全文引用します。

Investors from Libya have begun building a stake in UniCredit after announcing Thursday they had a 4.23% stake in the embattled Italian bank. The move was welcomed by UniCredit, but could raise hackles in the Italian government. The Libyan Investment Authority, one of three Libyan investors who announced the investment, is also considering taking a stake in Telecom Italia, the telecoms provider. Alongside the LIA, the central bank of Libya and Libyan Foreign Bank said they had built the UniCredit stake by buying shares in the stock market but did not give further detail. UniCredit’s share price has plummeted in recent weeks amid the global financial crisis, sparking worries about its cross-border European businesses. The shares fell 13% to €2.16. Two weeks ago UniCredit announced it was raising €6.6bn in additional tier one capital to reassure investors. Earlier this week, Rome said it would not allow any Italian bank to fail in the global banking crisis and unveiled a package of measures to help the sector. But it stopped short of offering to put public money into the banks.

ということですね。これでリビア資本がウニクレディットの第二の株主になったそうです。この記事によれば、銀行は歓迎しているが、イタリア政府は懸念しているようです。リビア人は誇らしい気持ちでありましょうし、カダフィもテントで高笑いしているのではないでしょうかね。フォーブスのロイター記事にもう少し踏み込んだ記述がありました。

"Libya to raise UniCredit stake to 5 pct-Libya cbank chief"[Forbes.com]
Libya will continue buying UniCredit shares until its stake in the Italian bank reaches 5 percent, Libyan Central Bank Governor Farhat Omar Bin Guidara said in a newspaper interview published on Saturday.

'At this time, we are the second (biggest) shareholder. And we want to stay as such. Today we have 4.23 percent of the shares. We will continue to buy until we reach a total of 5 percent,' he told Italian daily Il Messaggero.

'And let it be clear, our actions are specifically economic and financial, there are no political considerations.'

Former colony Libya has taken a 4.23 percent in Italy's second-biggest bank and promised to give as much as 500 million euros ($673.5 million) to its planned capital increase, which was announced in a policy U-turn on Oct. 5.

Any investment of more than 5 percent in an Italian bank needs the approval of the Bank of Italy.

これは投資であって政治目的ではないのだと主張しています。イタリア銀行の同意の必要な5%ラインまで買い進めるつもりのようです。少し前にイタリアが植民地主義の謝罪をしたニュースがありましたが、これと関連づけているような記事も見受けられますが、そんなに麗しい話なんでしょうかね。不謹慎ながらここでイタリア政府が規制したりしたらさらに楽しい展開になりそうですが、どうなるのでしょうね。ベルルスコーニ政権による外国資本による買収に対する規制強化の動きが伝えられているところですが。いえ、悪い冗談ですけどね。

これもItalian Economy Watch経由ですが、ウニクレディットについての基本情報がロイターにありましたので貼付けておきます。

-- UniCredit is one of Europe's top 10 banks by market value, with a capitalisation of about $39 billion. It is second to Intesa Sanpaolo SpA (ISP.MI: Quote, Profile, Research, Stock Buzz) among Italian banks.

-- In a U-turn on Oct. 5 it announced plans to boost capital by 6.6 billion euros. It will ask investors for 3 billion euros in a capital increase and offer shares rather than a cash payout on 2008 results, putting 3.6 billion euros instead in its own coffers.

-- UniCredit on the same day boosted its target for Core Tier I to 6.7 percent at the end of 2008 based on Basel II requirements from its previous aim of 6.2 percent. The figure was 5.7 percent at the end of June.

-- It also slashed earnings per share forecasts for this year to 39 euro cents from around 52 euro cents previously.

-- It is the Italian bank with the most foreign exposure. UniCredit gets about half its revenue from outside Italy and its conservative lending market.

-- UniCredit, whose units include Germany's HVB, is among market leaders in Germany and Austria.

-- UniCredit's share price has dropped about 62 percent since the start of the year, pushing it second to Intesa Sanpaolo among Italian banks. The DJ Stoxx European banks index has lost about 52 percent.

-- First-half net profit was 2.9 billion euros on operating income of 14 billion euros. Deposits from customers and debt securities totalled 639.8 billion euros.

-- The bank traces its origins back to 15th century Bologna. The current UniCredit resulted from the merger of nine of Italy's biggest banks in 1998, as well as the purchase of HVB in 2005 and Italy's Capitalia last year.

-- The biggest shareholder is the Fondazione Cassa di Risparmio di Verona Vicenza Belluno e Ancona, at 5 percent.

-- Libya now comes second with its combined 4.23 percent, followed by:

Fondazione Cassa di Risparmio di Torino with 3.83 percent

Carimonte Holding with 3.35 percent

Gruppo Allianz with 2.37 percent

Fondi Barclays Global Investors UK Holdings Ltd with 2.01 percent.

そんなわけでウニ関連でまた展開がありましたら紹介するかもしれません。どうでもいい話ですが、今日の昼飯は駄目なイタリアンでした。私は別にグルメな人ではないですし、出されたものは米粒ひとつ残さない、自然と農民への感謝の心は忘れない、食べ物を粗末にするようなバラエティーには抗議する、という古風な道徳を年齢に似合わずに頑迷に保守しているのですが(主義主張というよりも身に付いた因習なのですが)、ちょっとこれはないだろうと言いたくなりました。文句を言わずに全部食べましたけれどもね。ワインで全部ごまかして。店名は出しませんが、ここで非難しておきます。

追記
なお例のリストランテは日本人経営の店で認証された店ではなかったと思います。イタリア人読者がいらしたら気を悪くされないように。そう言えば、スシ・ポリス騒動というのもありましたね。あの空騒ぎはワシントン・ポストのデマまがいの記事からでしたよねえ。農水省の役人だったかも愚かな発言をして火に油を注いでいましたけれどもね。ちなみにパリの偽ジャポに関するフランス・メディアの論調は大分違っていました。食い物に関するシリアスさというのは国によって違うわけです。戦後の農政に関しては辛い評価をしていますし、食育の話なんかも知るかと思っているのですが(これってたぶんフランスからの輸入概念ですよね)、アングロサクソンども(笑)につべこべ言われたくはないという国粋的感情もないこともなかったりします。まあ、冗談ですけれどもね。マクドナルドでも感謝して残さずに食べます。

おまけ
いつの間にかTokyo confidential閉鎖中(笑)のJapan Timesですが、「右翼大臣中川昭一の日章旗問題」の続報が出ていますね。私はここになんの問題も見出せないのですけれども、記者さんもなかなかがんばっているようです。半分ぐらいの省庁のブリーフィング・ルームで既に日章旗を掲げているんですよね。いったいなんの旗を掲げればあなたは満足するというのでしょうか。揶揄ではなく真面目に言いますね。批判的論調は結構です、ただ建設的な批判を目指してください、こういうつまらない硬直的な批判主義は身を滅ぼすだけです、また単純な反動を生み、望まない結果を生むだけなんですよ。知っていますよね、フランスの国歌侮辱の際のサッカー・ゲーム中止の話は。あれはですね、象徴に対する瑣末主義的な批判政治がめぐりめぐってあんなことになっているという話だったりするんですよ。ナショナリズムを煽っているのは誰だという話なんですけれどもね。まあこんなこと言っても判らないのでしょうけれども。

|

« 実に寒い一日でした | トップページ | 提唱王 »

欧州情勢」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/24604216

この記事へのトラックバック一覧です: カダフィの高笑い?:

« 実に寒い一日でした | トップページ | 提唱王 »