« NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(3) | トップページ | NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(4) »

ディア・リーダーをめぐるあれこれ

拓殖大学大学院教授・森本敏 北朝鮮ミサイルの迎撃決断を[産経]

第1に、わが国の政治決断を急ぐべきである。ミサイル防衛は自衛隊法第82条の2項に基づき、防衛大臣が内閣総理大臣の承認を得て、指揮官に対処権限を委任する仕組みになっている。総理の承認がなければミサイル防衛は機能しない。この対処要領は、航空総隊司令官がイージス艦艦長やパトリオット部隊指揮官に下令し、飛翔するミサイルをわずか数分のうちに撃墜するものである。

その手順は防衛省内で決められているが、これを有効にするためには空域をクリアにする必要もあるし、パトリオットミサイルの運用に必要な電波管制も必要となる。まだ総理の政治決断は下っていないが、時機を逸したのでは取り返しがつかない。

第2に、日米間の運用上の調整を急ぐことである。米国はイージス艦を日本周辺に5、6隻配備し、海自も2隻の配備が可能だ。緊迫すれば、このうち最低2隻を日本海に展開させる必要がある。しかし、日米では指揮権が異なるため、司令部・部隊間の調整が不可欠になる。ミサイル防衛は日米が共通の対応をしなければ効果はない。日本だけが対応しなければ、その必要性が問題になり、米国だけが対応しなかったら日米同盟の信頼性という問題になる。

森本氏の論説でだいたい技術的な問題の輪郭が掴めます。だいたいこの通りの対応がなされるのでしょう、きっと。中国の圧力とやらがどの程度効くものなのか観察したり、粛々と国内的な問題を処理したり、日米間の調整をしたりする機会として活用すればいいという話なんでしょう。これ、集団的自衛権の問題は浮上しないで済みそうなんですかね。

"What Hillary Should Tell Japan" by Doi Ayako[CSIS][pdf]

ジャーナリストのDoi Ayako氏の拉致関連の記事。ヒラリー国務大臣は東京訪問の際に変な期待を与えずに日本の世論の拉致問題への執着に警告を発するべきだったという趣旨です。米国側の同情的発言が日本側に依存感情を生んできたが、ブッシュ政権後期の方針転換によって日本側には裏切られたという感情が広まっている。メディアはこの問題を扇情的にとりあげるばかりで冷静な分析がない。加藤紘一氏や山崎拓氏や田中均氏のように日本にも北朝鮮との対話をすべきだと考える者もいるが、「裏切り者」扱いされている。世論を正気に立ち返らせ、なにが国益なのかを思考させるには根拠のない期待の源を断つことにある。それゆえヒラリー国務大臣は誤りを犯したと。

あまり口汚くないという点を除けば、だいたい英語圏のリベラル系のオブザーバーと同じような意見ですね。まあ、これもひとつの意見でしょう。いささか表層的な現象に拘泥し過ぎではないのかといった疑問やそもそも非核化のプロセスに関与する気がないのは誰なんですかという話もありますがね。私の意見と大きく違いそうなのは米国への不信に関してはさほど問題だと思っていないところですかね。裏切られた感情というのは確かに一方的なものだと思いますが、妙な依存心から脱却して健全な懐疑を含んだ信頼の水準に落ち着く上で重要なプロセスだとも思うのですね。最後に細かいですが、この記事で気に入らないのはテレビ局のプロデューサーの発言の使い方です。これはオバマ就任の際のワシントン・ポストの同記者の記事に感じましたが、この種の手法の濫用はジャーナリズムとして反則だと思います。少なくとも私は嫌いです。ついでにこの就任時の記事の「世界で日本だけ」で世論が歓迎的でないって端的に嘘でしょ。

"Japanese Perceptions of Nuclear "Twin Commitments" Under the Obama Administration" by Jimbo Ken[CSIS][pdf]

オバマ政権の核廃絶と核抑止の維持の「二重のコミットメント」を日本側がどう見ているかについてのJimbo Ken氏の記事。"four horsemen"の提案を受けてNPT体制を維持し、核廃絶を目指す一方で現状の核抑止体制を維持するというドクトリンに対して日本には二通りの反応が見られる。これは核廃絶を望みつつも信頼できる拡大抑止を求めるという日本の核に関するアイデンティティーを示している。軍縮派は核廃絶に関する国連総会決議に米国がサインしたことを歓迎し、米国の核軍縮のプランを支持し、さらにロシアと中国との連携的な核軍縮を求め、これが北朝鮮を含む地域的な非核化に貢献することを望む。一方、軍事戦略専門家は警戒的である。米国の大規模な核軍縮がアジアにおける抑止を弱体化させ、対北朝鮮への交渉力を弱めることを危惧している。また米中間の相互確証破壊に近づくような両国の核のパリティーが実現すること、中国の核が最小限の抑止から限定的な抑止へ発展すること、MRBMのような戦域抑止に傾斜することを望まない。

米国に対して以下のような応答がなされるべきだ。日本は拡大抑止を毀損しない範囲での核軍縮の試みを歓迎する。日本はドクトリンおよび戦力の両面において米国から明瞭な核のコミットメントを要求する。米国がより明瞭な原則、目的、通常戦力の配置を示すことで拡大抑止はより有効になる。東アジアへの通常戦力のプレザンスは維持されなくてはならない。核戦力についても具体的に考慮されるべきだ。米国の拡大抑止にとって日本の自衛力の強化が必要で共同の抑止構造が維持されるように現代化を進めなくてはならない。日本は米国が絶対優位にあることが望ましいが、中長期的に米国が中国との相互バランスにシフトした場合でも非対称的なレベルが望ましい。日本のミサイル防衛能力の基準となる年は2011年であり、集団的自衛権の解釈の変更が必要だ。日本は欧州のミサイル防衛に対して米国が強い態度を示すことを望んでいる。ここでロシアに配慮した場合、中国に悪いメッセージを与える云々。後半は抜書きですので具体論は本文で確認してください。軍事用語は苦手なので変なところがあるかもしれません。

以上、前提が変わらずに事態が推移した場合のシミュレーションとしてはごく理性的な論調だと思いますが、どこまで現実的かどうかは別にして日本が自前の抑止能力を強化していく別のシナリオも描けるでしょうね。ミサイル防衛が支柱というのはどうなのよということになる日がそう遠くないうちに来るかもしれませんから。欧州のミサイル防衛の帰趨の極東への影響というのは重要な点でウォッチしないといけませんね。

"Bad Advice for Secretary Clinton" by Victor Cha[CSIS][pdf]

対北朝鮮政策についてのVictor Cha氏の記事。ヒラリー国務大臣のアジア歴訪はうまくいった。北朝鮮に関して悪いアドヴァイスに従わなかったからだ。悪いアドヴァイスには二種類ある。一方の極にいるのがSelig Harrison氏で北朝鮮との核との共存を訴える輩たちである。ヒラリー氏がこうした声に耳を傾けず、北朝鮮の完全な非核化を明瞭に訴えたのは正しい。米国は北朝鮮を核保有国として絶対に承認してはならない。核を完全放棄するまでは国交の正常化や平和条約の調印に応じてはならないということだ。これを放棄した場合には日本および韓国への拡大抑止は毀損するだろう。

もう一方の極にいるのがPhilip Zelikow氏でミサイル発射施設への限定攻撃を訴えている。ヒラリー氏がこうした声に耳を傾けなかったのも正しい。確かにミサイルプログラムを遅らせるが、こうした行動が数年後にもたらす結果はより全般的なものとなるだろう。日本も韓国も戦争を望んでいない。よいアドヴァイスとは次のようなものだ。同盟国や中国と連携して北朝鮮にミサイル発射を止めるよう警告し、ミサイル防衛システムを稼動させ、国連決議1695、1718に基づく制裁の準備をし、北朝鮮への援助を絞るように中国に圧力をかけるべきだといったものだ。金正日後の体制について日中韓と協議するという発言も今後の現実を見据えていて問題ない。関係国と連携して北の体制変革に備えるというのが慎重かつ賢いやり方だ。北の核との共存や発射装置の限定攻撃はそうではないのだ、と、いかにも現実派の氏らしい論評です。ところで国連決議に基づく制裁というのは実際にあるんでしょうかね。

以上、CSISから最近の記事をピックアップしてみました。外交安全保障に関心のある方々はだいたい目を通していると思いますが、あまり日本語圏で言及されないのは不思議に思えますね。日本人論者の声が全般に小さく感じられるというのと時に日本について言及する英語圏人のクオリティー・コントロールをちゃんとしたほうがいいのではないかと思うこともあります。大御所の間に英会話ティーチャーレベルが紛れ込んでいたりしますから。誰とは申しませんが。

"Why shouldn't Kim Jong Il fire his missile?" by Richard Lloyd Parry[Times]

パリー記者もいわゆるひとつのマコーマック化が進んでいるようでなりよりです。ねえ、どうして北朝鮮がミサイルを打っちゃ駄目なの?とあどけない眼差しで読者に語りかけています。パパ、the Westもそうしてきたんじゃなかったの、と。いい事教えてあげましょうか、別に発射に反対しているのはthe Westだけじゃないんですよ。北朝鮮はジャーナリストやアカデミシャンにとって死屍累々のフィールドですから気をつけることですね、パリーさん。

ところでマコーマック氏で思い出したのは-ええ、もちろん意地悪になっていますとも-1952年にパリで起こった反リッジウェイ・デモです。朝鮮戦争で国連軍が細菌兵器を使用したという例の共産陣営のプロパガンダを受けてフランスの共産主義者がNATO軍司令としてリッジウェイがパリに到着した際に大規模デモを組織したという事件です。"Ridgway la peste! Ridgway la pest!"というシュプレヒコールは戦後の混乱期を象徴する挿話のひとつとして国民の集合的記憶の一部を構成しているようなんですね。このたびのNATO完全復帰の件でこの挿話がよく想起されているようです。赤化が著しかった時代の反米感情を示す挿話として。ところでリッジウェイはGHQ総司令官もしていたのに日本では今ひとつ記憶に残っていないのはマッカッサーの印象が強烈すぎたからでしょうかね。

ではでは。

|

« NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(3) | トップページ | NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(4) »

アジア情勢」カテゴリの記事

安全保障」カテゴリの記事

我が国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

ミサイル防衛に関しては森本さんの言われる通りだと思いますが、攻撃は最大の防御であるという言葉があります。防衛には攻撃よりも金が掛かると言う事を忘れてはならないと思います。其れだけ、護りに徹することは難しいとも言えます。国防に関しては、何時までも姑息な手段やその場凌ぎの方策を採るべきではないと考えます。
Ayako Doiさんの意見は、典型的迎合者の文章という以外言いようがありません。多分ご自身の見解というよりは、新聞などの読者の欄への投稿記事と同じで、こう言う意見が彼等の社会に受け入れられ易いとの思い込みから書いているのではないでしょうか。この手の文章を書く日本人を、欧州に関しては最近見かけなくなりましたが、如何いう譯かアメリカ在住の日本女性の中には今もって見かけます。暮らし難いのでしょうか。

投稿: chengguang | 2009年3月15日 (日) 16時12分

ミサイル防衛には十分な支持があると思いますが、攻撃能力の獲得は最終的には今後の世論の脅威認識にかかってくるでしょうね。前回の発射の際に観測気球を上げていましたが、またピンポイントの攻撃能力の獲得の話が浮上するかもしれません。

Doi氏は元産経記者で必ずしも典型的リベラルとか典型的バナナとかいった感じの人でもないようですが、拉致問題については前にも書いていたような記憶があるので本人の意見なんでしょう。どうも日米間の軋轢を気に病んでいるようなのですが、日本国内の状況があまり見えていないように思えます。

一見迎合的に見えてもそこに巧みに主張を織り込むというなら一種の説得術として理解できるんですけれどもねえ。

投稿: mozu | 2009年3月15日 (日) 18時55分

北朝鮮のミサイルについて
「日本に落下するなら迎撃」ミサイル発射で外相
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090315/plc0903151816012-n1.htm
などとなんだかよくわからないようなことを言っている人もいて、また、

日本は結局は迎撃ミサイルを発射することはないだろう
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/950565
と予想している人もいる。
ぼくはこのアメリカの研究員の言葉も説得力あると思いますけど、麻生さんはどうするのでしょうね。
 打ち落としたら、ぼくは案外、支持率あがるんじゃないか、と思うんですがね。9.11と比較するわけにはいきませんけど、なんらかの現実の脅威に対して、国民は団結するんじゃないか、とも思う。もちろん外したら、大恥になるだけで、そこがまた難しい。
それと、その後のシュミレーション。北朝鮮その他の国がどうでるか?本気なら、韓国やアメリカ、中国ともつめておかなくてはいけない。やってるんでしょうかね?やってるんなら、もう少しそこらへん報道があってもよさそうですけど、あまりない。とすれば、やっぱ、上記研究員の言が正しいのかもしれない。

パリー氏の記事についてはあきれる、としか言いようがないね。

投稿: | 2009年3月16日 (月) 00時00分

としか言いようがないね→としか言いようがないですね。

投稿: | 2009年3月16日 (月) 00時01分

私もたぶんよく分かっていないのかもしれませんが、技術的に迎撃できないように北朝鮮がハワイ近辺の方角を目標に設定したので、迎撃するといっているのはブースターなどが落ちてきた場合などのようですね。
http://obiekt.seesaa.net/article/115587626.html
これだと集団的自衛権の問題にはそもそもならないようですね。

パリ-氏のことはジョークとしか思っていないです。なかなかいじり甲斐のあるキャラですね。だんだん歪んだ種類の愛情のようなものが湧いてきているのが不思議なところです。

投稿: mozu | 2009年3月16日 (月) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/28616969

この記事へのトラックバック一覧です: ディア・リーダーをめぐるあれこれ:

» 英会話勉強法を徹底解説 [英会話勉強法を徹底解説]
英会話勉強法を徹底解説 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 19時41分

» 英会話上達、勉強法、ビジネスの紹介 [英会話上達、勉強法、ビジネス]
英会話の上達のコツを紹介 [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 13時44分

« NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(3) | トップページ | NATO軍事機構への完全復帰をめぐる論争(4) »