« 防空ヘルメット | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな »

美術とそうでないもの

"A Ukiyo-E Master in the Art of Subtle Protest"[NYT]

ロンドンの王立アカデミーの国芳展の記事。国芳の現代性については喧伝されるようになっていますが、なにも知らずに小学校高学年の頃に模写して遊んでました。ひどく訴えるものがあったような記憶がありますが、今は猫ものぐらいです。記事は浮世絵を「文化革命」と呼び、国芳の浮世絵の当時の政治社会の風刺的側面、それから開国前にいち早く西洋絵画に出会ってその手法を貪欲にとりこんだ点について強調しています。幕府のあいつぐ禁令とこれを逆手にとって庶民の喝采を浴びた反骨の人、鎖国下にあって海外の新奇なものへの好奇心に溢れていた人といったまとめ方のようです。前者の例として天保の改革を風刺したとされる『源頼光公館土蜘蛛妖怪図』(下)、後者の例として『縞揃女弁慶』が特筆されています。米国人コレクターの協力で開催された模様です。英国の展覧会評も読みましたが、戸惑いが表れていますね。絵画なのかカルトゥーンなのかどうカテゴライズしたらいいのか分らないと。内容の理解以前に、美術館に陳列された時点でこのメディアの性格が覆い隠されてしまうように思えますね。「鑑賞」するものではない。この記事が風刺画の説明をしています。これが時事錦絵、錦絵新聞、さらに小新聞へとつながっていくようです。英国の政治風刺版画から新聞への流れとどう同じでどう違うのでしょう。

10minamoto

「幕末・明治期の欧字新聞と外国人ジャーナリスト」鈴木雄雅

こちらはおまけに紹介しておきます。日本における英字新聞の歴史にちょっと興味があってぼちぼち調べているのですが、この記事は戦前の概略です。横浜におけるハンサードの『ヘラルド』、リッカービィの『タイムズ』、ブラックの『ガゼット』の競争が佐幕派対尊王派に対応した論調であったこと、ハウエルおよびブリンクリーの『メイル』とハウスの『トキオ・タイムス』が「親日新聞」として知られたこと、近代的経営を持ち込んだヤングの『クロニクル』とフライシャーの『アドヴァタイザー』がそれ以前の個人経営的な新聞にとって代わり、「軍国主義」への傾斜を強める日本への厳しい論調で知られたことなど基本的な事実がまとめられています。おわりにを引用すると、

 一般に日本における近代国家の成立とみなされる憲法発布(1889年=明治22)以降,社会的政治機能が,新聞界においても,一般化された欧字新聞の持つ機能--すなわち,外からの資本的侵入,内からは国家の代弁機関という要因のうち,後者を重要視したのは当然のことであろう。しかしながら,外人ジャーナリストの中には助成金を貰いつつも,そうしたことのみ目的に新聞を発行したとは考えられない者が少なくない。とりわけ,彼らがくり広げた紙上論争は,自国の利益追及にのみこだわったものではない時もあった。
 欧字新聞界ではその創生期から第二次大戦終了時まで,自由な論争が「反日」のレッテルを貼られる時代が続き,「親日」「反日」のどちらかを選ばなければならなかったのも時代の趨勢であった。欧字紙は戦後ようやく経営的に一本立ちするようになるが,今でもなお,一紙を除き親新聞の啓蒙宣伝紙といわれるぐらいだから,当時の経営面の脆弱性は推して知るべしだろう。
 顧みると,多くの批判があるにもかかわらず,幾人かの傑出した外国人ジャーナリストが評価されるのは,彼らと彼らが生みだした欧字紙が,日本の国際コミュニケーションの私的担い手としてそれなりの役割を果たしたからであり,さらにジャーナリズムのみならず日本社会の近代化に深く貢献したことに他ならないからである。

といった具合にまとめています。近代的新聞概念を日本にもたらしたこと、優れたジャーナリストを輩出した点について評価しています。国際コミュニケーションの担い手としての「それなりの役割」の「それなり」という書き手の留保になにを読み取るべきなのでしょうか。「親日」「反日」をめぐる話は今もたいして変わっていないような気がします。記事は日本側からの視点ですが、その鏡として「外人社会」における分裂抗争の歴史というものもあったりする訳ですね。「外人社会」の利害の主張や自国の主張の代弁の側面が強く出る面とあまり自己規制のない活発な議論が展開される面と二重の性格があるのは今も変わらないような気がします。別の言い方をすると、共同体主義的側面と普遍主義的側面の独特な結合といいますかね。まあ、私は正確で公正であれば「親日」でも「反日」でもなんでも構わないですし、どちらかというと、うならせるような鋭い分析や批判のほうを期待していますのでどうぞ宜しく。なお英字新聞史関連の話はそのうちもう少し書きたいと思います。現在はブログのほうが優れたものがありますね。

"Looking at history: the argument for facts over theory"[Japan Times]

厳格な実証主義史家として知られるジョージ秋田氏の著書の書評です。記事は伊藤隆氏の業績についても触れていますが、要するに日本の戦後の文脈ではマルクス主義史学と対立して厳密な史実に基づいて歴史を記述した流派のことです。理論的なものに距離を置く歴史学的実証主義というと古臭いもののように語られたりすることもある訳ですが、そんなことはなくてごく正統的な歴史学の方法です。素人目にはひどく禁欲的だなあ(小声で:退屈だなあ)ということになるのですが、面白ければいいじゃんというものではないのですから仕方ありません。それで秋田氏の著書ではジョン・ダウワー氏とハーバート・ビックス氏が槍玉にあげられているようです。ビックス氏については素人でもルール違反であることはすぐに見抜けるお粗末な本ですが、ピューリッツァー賞を受賞したこともあって英語圏の読書界では昭和天皇というと氏の本のイメージがわりと強かったりします。ですから英語でこうした仕事が現われると(もうすでに反論本は複数ありますが)コミュニケーションをする上でありがたかったりします。以下は評者の言ですが、

I think Bix is wrong if his premises include, as Akita says they do, that Hirohito possessed immense powers and, because of his kami ("someone above") status, assumed his commands or demands would be obeyed. The suggestion is that he should have been on top of the list of Japanese war criminals.

The accolades heaped upon Bix's book, including a Pulitzer Prize, remind me: Americans continue to grab at the slightest hint that Hirohito, who was equated with Hitler and Mussolini during the war, wielded powers comparable to the two dictators'. This is the impression I've had ever since David Bergamini's "Japan's Imperial Conspiracy" (William Morrow, 1971) appeared.

Yes, Bix once dismissed the Bergamini book as "imaginatively constructed." But we can do the same with Bix's own book, Akita shows.

Bix believes in the efficacy of the "voiceless order technique," among other things, as he liberally puts his imaginings and assumptions into others' heads where evidence does not exist.

都合のいい事実を集めて都合の悪い事実はないことにして史料がないところは想像で埋め合わせる、これは、結局、結論ありきの議論でしかない、そしてその結論は政治的な欲望にダイレクトに導かれているので反論に対しては論理や事実ではなくレッテル貼りでしか応答できなくなると。別に実証主義にあらずば歴史にあらずとは思いませんが、論争がもつれたときに立ち返る立場として尊重すべきだと思います。なお機関説論者から見ると「天皇の責任」論という問題設定そのものがなにかずれたものに思えるのですが、内外の親政説論者は我が邦の国体の神秘なるものを強化したくて仕方がないのでしょうかね。まあ、がんばってください、千代に八千代に。

"Japanese underworld boss quits crime to turn Buddhist"[Guardian]

悪名高かった後藤組の元組長さんが坊さんになろうとしているという心温まる話です。そう言えば、元ヤクザの神父さんの話もガーディアンで読んだような気がします。マッカリーさんは本当にヤクザが好きですね。2001年に手術のために渡米した際に入国と引き換えにFBIに提供したとされる情報ですが、ヤクザ・ファンジンにある程度の話だということです。日本のヤクザって本当に情報公開が進んでいますよね。ついでにこの病院に大きな寄付をして

The grateful don, who was suffering from liver disease, later donated $100,000 (£68,000) to the hospital, his generosity commemorated in a plaque that reads: "In grateful recognition of the Goto Research Fund established through the generosity of Mr Tadamasa Goto."

と記念されているそうです。前から疑問なんですが、日本の大物右翼とかヤクザの組長ってどうして海外に名前を残したがるのでしょうかね。ひとつの様式になっているような気がします。よく知らないのですが、このあたり魑魅魍魎の跋扈するディープな戦後史があるのでしょうね。

"Letter:The Disputed Islands"[NYT]

竹島について韓国系米人がクリーニング屋のバッグでアピールしているという記事を読んで、そのエネルギーを別の方向に使ったらどうでしょう、と溜息をついた訳ですが、それに対して韓国人も日本人も騒ぐのを止めて島の周囲の環境を保持しようとかいうあるフランス人のレターがついていました。お前さんは誰なんだ、環境とかいうとリベラルっぽいとでも思っているのか、底の浅いやつめ、と思った訳ですが、それに続いて日本情報センターの杉本氏が元記事に対してこの問題は「植民地主義の遺産」ではない、歴史的にも法的にも日本領である、国際司法裁判所に出てきたらどうだ、とマジレスしていました。『消耗』という文字が大書された掛け軸が脳裏に浮かびますが、こうやって地味に反論をしておくのはとても大切なことだと思います。政府間で今がちゃがちゃやる問題ではないと思いますけれども。

もはや国内では教科書検定の話はたいして騒がれなくなった感がありますが、英語圏でもずいぶん静かになりましたね。日中韓発のソースを除けばAFP記事とテレグラフ記事ぐらいでした。AFP記事は反対派の主張を掲載し、最後に採択率がわずかである事実を伝えています。テレグラフ記事は韓国政府側の言い分-読んでないでしょ-を伝えていますが、タイトルやリード文や本文の修辞に強い主張が入っています。なぜインディペンデントでもBBCでもなくテレグラフなんでしょう。

それはともかくこうして政治の主戦場が象徴的なものから実質的なものに移りつつあるように見える傾向そのものはいいことなのでしょう。この話に関しては、作成から検定を通じて出版にいたるプロセスで手続きが適切に守られるべきだという原則論以外にあまり語るべき言葉はありません。歴史の係争点はプロないしセミプロが公的に議論をすればいい。だいたい人は教科書の外で真に歴史的なものに触れるものです。

ではでは。

追記

佐藤氏のジョージ秋田氏の書評に不満の声が挙がっているようです。読んでもいないのに批判するなと。そりゃそうですね。佐藤さん、がんばって。でも、ビックス氏の本はレベルが低いので依拠していると頭が悪く見えますよ。これはイデオロギーの話ではなく史学的な話です。まあ、あなた方が関心あるのは政治であって歴史じゃないんでしょうけれどもね。

[本日の一曲]

http://www.youtube.com/watch?v=bSs5DVHkjqE&feature=related

江利チエミ『踊り明かそう』(1963年昭和38年)

告白しますと私はかなりのチエミ・ファンでしてこれを見ると涙が出そうになります。マイ・フェア・レディと言えばチエミ。他は知らない。

|

« 防空ヘルメット | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな »

メディア」カテゴリの記事

我が国」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

佐藤氏の書評について

Japan without sugar
THURSDAY, APRIL 09, 2009

Sato-san as book critic


http://japanlost.blogspot.com/2009/04/sato-san-as-book-critic.html

で記事を書いておられるようです。

投稿: 空 | 2009年4月14日 (火) 00時31分

ビックス氏の本のファンのようですね。まあ、読んでから書きなさいというのはその通りですね。ただ佐藤氏の書いている内容でだいたい正しいと思います。ビックス氏が新左翼であることは誰もが知っていることですが、保守の歴史家ばかりでなくリベラルな歴史家からも氏は批判されています。つまりイデオロギーの問題ではなくて史学の問題ですね。個別の論点についてご都合主義的な解釈だらけだという点だけでなくて帝国国制とそこにおける意思決定システムを根本的に理解していないと思います。バーガミニとかアイリス・チャンとかいったトンデモと一緒にはしませんが、日本のマルクス主義者と同じか少し劣化させた程度です。

投稿: mozu | 2009年4月14日 (火) 05時02分

Bix氏の本についてはどこかのコメント欄で話しましたよね。たしか、enigma of なんとか、とか、天皇制の謎についての本にも批判がある。
で、研究者の間ではそんな感じだろうと思うし、私のように素人でも、違和感がある。
ただ、日本の文献の引用も多いですし、他に素養がなければ、この本を鵜呑みにする人も多いのかな、とも思います。
ジャガーさんとか、こうした文献に関して日本側からもしっかりとした反論文がないと、誤解だけ残る場合も多いでしょうね。(Bixさんなんかには秦さんなどの反論文もでているようですが)

それにしても、mozuさんの歌手の好みはちとーーー古めかしいですねーーーいや、いいんですけど・・・・文体と歌手の趣味から老けてみられるでしょう?

投稿: 空 | 2009年4月14日 (火) 10時47分

そうですね。いい本だってある訳ですが、あまり質のよくない本が脚光を浴びがちなのは無意識の欲望に沿うところがあるんでしょうね。

えーと、今の音楽も聞いてますよ(笑 意識していないんですけれどもブログからは老けてみられるみたいですね。コンビニでは20代のボタンを押されることがまだあるんですけれども(自慢?)。

投稿: mozu | 2009年4月14日 (火) 14時50分

ま、ビックスの昭和天皇本は、日本の専門的歴史研究者の間ではほとんどトンデモ本扱い、のようです。批判的な書評もいくつかありましたが、基本的な史料の扱いがあまりにずさんということでほとんど黙殺状態のようです。

問題は、英語での情報発信がないのでなかなかそれが海外には伝わっていないことですかね。

ただアメリカ人の日本史学者でも何人かが史料の引用、読みがずさん過ぎてほとんど評価に値しないというようなことを書いているのを見たことがあります。

ただ、ジャーナリズムには影響を与え続けるのでしょうね。一時のバーガーミニみたいに。

投稿: tomojiro | 2009年4月16日 (木) 10時46分

この方は歴史家というよりもアクティヴィストですね。黙殺というのはよくないと思うんですよね。おっしゃるように英語圏でも批判はありますが、あまり反響がないですから。

投稿: mozu | 2009年4月17日 (金) 14時25分

Hi, nice post. I have been wondering about this topic,so thanks for writing. I'll definitely be subscribing to your blog.

投稿: How I Lost Thirty Pounds in Thirty Days | 2009年5月 4日 (月) 21時00分

Which topic? Although I'm not a fat guy, I pray for your success. Ganbatte!

投稿: mozu | 2009年5月 5日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/29076188

この記事へのトラックバック一覧です: 美術とそうでないもの:

» 比較英字新聞 [おすすめ英字新聞比較]
英字新聞比較英字新聞は、実用英語のテキストとしては最的です。現在では英語学習に英字新聞を取り入れている人は少なくありません。 英語学習用に解説や日本語訳の付いたものもあります。語学・英会話系人気ブログを見るサイト検索・記事検索が使えるブログ総合サイト。記事検索では常に最新のブログ情報が検索できます。留学系チャンプdeGoGを見るいま話題の最新ブログを探してみよう。ビジネス系くつろぐを見るブログランキング【くつろぐ】はPING受信に対応した人気ブログ検索サイトです。資格系ブログ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 12時00分

» ETC車載器助成金 [ETC車載器助成金]
ETC車載器助成金について。ETC車載器助成金の利用とETCカードで、高速道路料金割引である土日の高速道路料金1000円をうまく使って旅行へ出かけよう! [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 17時44分

» エコクラフト [エコクラフト]
エコクラフトのについて紹介しています。エコクラフトの人気や作り方など、エコクラフトの特徴や使う素材などを説明しています。 [続きを読む]

受信: 2009年4月16日 (木) 19時17分

» アディダス バッグ [アディダス バッグ]
アディダス バッグは人気があります。素敵なアディダス バッグを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 19時02分

« 防空ヘルメット | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな »