« 気分はいつも直滑降 | トップページ | ブルカをめぐる熱い論争(1) »

日露戦なかりせば

もうひとつの日露戦争 新発見・バルチック艦隊提督の手紙から (朝日選書) Book もうひとつの日露戦争 新発見・バルチック艦隊提督の手紙から (朝日選書)

著者:コンスタンチン・サルキソフ
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ここしばらくまとまった時間がとれなくてTwitter(右側にリンクあり)でのつぶやきにとどめていましたが、三日坊主の性格を矯正すべく軽めの内容で更新しておきます。

以前コメント欄で勧められたサルキソフ氏の『もうひとつの日露戦争』を読みました。この戦争に関しては最近では、文化史的、メディア史的な研究の他、「最初の総力戦」とか「第零次世界戦争」とかいったやや大仰なキャッチフレーズの下にグローバルな視座から新たな照明を当てようとする試みがなされているようですが、本書はあまりけれん味なくバルチック艦隊提督の私信を中心に当時のロシア側の事情を明らかにしています。私はこういう着実な仕事が好きです。戦争の語りというのは一般にそういうものですが、日露戦争の語りも日本側の視点ばかりになっていますので本書は新鮮な視点を提供してくれるでしょう。

本書は著者が独自に発掘したロジェストヴェンスキー総督の妻子にあてたプライベートな書簡史料の紹介が目玉になっている点で「発見」の書です。書簡から浮かび上がる総督の人柄や錯綜する人間関係はなかなか興味深いものがあり、単なる「愚将」のイメージからは遠い人物であったことが分ります。このイメージは日本だけでなくロシアでも強いそうですが、著者によれば、帝政末期の無責任体制において無謀な作戦の責を全面的に負わされた格好になったということです。精鋭たる旅順艦隊(太平洋第一艦隊)に比べてバルチック艦隊は俄かづくりの混成部隊に過ぎず、欧米列強の中立維持によって燃料補給や食糧補給もままならず、本国との連絡もきわめて困難な状況に置かれ、戦闘開始以前に勝負がついていたことが総督の嘆きの書簡からよく分ります。歴史の肌合いの感じられるところですが、だらだら引用を続けるのもなんなんで簡単に済ませると、例えば、日本海海戦前の書簡から。

 お前にはもう伝わっていると思うが、昨日、われわれは南シナ海に到達した。われわれは今、日本艦隊がわれわれを打ち負かすためにいつ攻撃を開始するのか、また、日本艦隊がいつ、そしてどこで、ニェボガートフを捕捉することができるか、と判断することで大忙しだ。

[...]私は疲れた。熱帯の暑さの中でもう六ヶ月目だ。お前も覚えている通り、ペテルブルクの夏でさえ、私にはつらい。航海を続行してからあと二日ですでに一ヶ月になる。四十五隻体制の艦隊だ。航海再開からすべての船で故障や異常が起こっている。中には、十二回も故障や異常を起こした船もある。

[...]たとえ惨めなものであろうとも、幕を閉じることは必要だ。今、艦隊の誰もが締め付けられるような思いになっている。

[...]われわれはうぬぼれて、全部門にわたってロシア独自の学問を発展させようとし、時期尚早のうちにわれわれの教師だったドイツ人を追い出してしまった。すべてはここに起因する。彼らのもとに戻るべきである。ドイツに学ぶためロシア国民を派遣すべきである。我々の秩序のため、ドイツ人を呼ばなければならない。

といった具合に敗北を完全に予期しているにもかかわらず、軍人として死地に赴く悲愴な覚悟が記されています。個人の進退のみならず、敗北の後にロシアはどういう運命を辿るのか、ロシアにはなにが欠けているのかについて考察しているあたりには「戦艦大和の最期」を彷彿とさせるものがありました。

また本書の特徴としては「日露戦争は避けられたかもしれない・・・」という歴史のifをめぐって考察がなされている点でしょう。著者によれば日露戦争は日英同盟締結後でも十分に回避可能なものであったとされています。大津事件によるニコライ2世の怨恨説を退け、皇帝側に戦争の意思が必ずしもなかったこと、当時の極東政策が中央の手を離れて極東総督一派の推進派に握られていたこと、皇帝の曖昧な性格から責任体制が不透明になっていた状況-どこかで聞いたような話ですが-などが明らかにされていきます。

例えば1903年の日本側の均衡提案をロシア側が受け入れ、ロシアが満州、日本が朝鮮というように影響圏を分割できていたならば、日露戦争は回避できただろう、第一次政界大戦後の日露秘密協約に結実したように英米の中国進出に対して日露には共通利害があったのだとしています。ここで引用される日露をぶつけて両国の国力を消耗させ、フィリピンを安堵するというルーズベルトの発言にはやはりなと思わせられるものがあります。日露戦争というのは代理戦争ですからね。ついでにこの敗戦がなければロシアの共産革命も回避できたかもしれないという思いも-著者のソ連に対するスタンスは承知しておりませんが-伝わってきました。

当時の国際政治的、地政学的状況についての思考を非常に促される議論なのですが、ロシアのみならず日本にとっても都合のいいシナリオのように思えてくるのは著者一流の説得力なのでしょう。実際、回避シナリオが実現した場合には朝鮮統治と満蒙特殊権益をめぐる深刻な問題は発生しなかった訳でしょうから。勿論こういうのは「後知恵」に過ぎないですし、ロシア側の膨張主義的傾向を甘く見積もっているのではという批判もできるでしょう。ちなみに日露戦争の批判といっても日本側の「侵略」の糾弾ではなくてロシア側の自己批判、そして著者の日露の友好への思いが伝わってくる趣きの議論になっています。

以上、予備知識なしでも読める一般向けの内容ですが、発見と洞察に満ちた本ですのでおすすめしておきます。

|

« 気分はいつも直滑降 | トップページ | ブルカをめぐる熱い論争(1) »

我が国」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

さらに最近日露関係でロシア人研究者の書いた面白い本が藤原書店からでました。ワシーリー・モロジャコフの「後藤新平と日露関係史」です。
藤原書店の後藤新平への商売度外視した傾倒っぷりには目をみはりますが、この本で個人的にヒットしたのが、141から144ページまでの記述。

柳条湖事件の真犯人は関東軍の河本大作大佐ではなく、GRUのナウム・エイティンゴンだったというユン・チアン/ジョン・ハリデー夫妻の「マオ」における記述の論拠はデタラメということが書かれています。著者によれば、ロシアの歴史学者ドミトリー・プロホロフによる「GRUの帝国」という著作などで展開された主張で、しかも、すでに逝去した退役GRU将軍の口頭での証言のみに依存していて、それを裏付ける文書はまったくなかった、というトンデモないものです。
そうすると、中西×政とか田母神某とかはトンデモ本をさらに孫引きしたトンデモ本を元に論を展開していたわけで、そんなヤツらが、首相の顧問とか、航空幕僚長やってるわが日本は文化面ではロシアにはるかに劣ると痛感しました。

投稿: Aceface | 2009年6月24日 (水) 01時20分

「GRUの帝国」が信用できないというのはどこかで読んだことがありますが、その本にも書かれているのですね。後藤新平と日露関係というテーマは面白そうです。ご紹介ありがとうございます。

投稿: mozu | 2009年6月24日 (水) 11時52分

十数年前にはドイツでも、ロシア発偽文書と証言で騒動がありました。独ソ開戦にあたっては、実はスターリンがドイツ侵攻を準備していて、ヒトラーの「予防戦争」は正当だったというものです。80年代にドイツに亡命したKGBの将校が証言した裏づけ証拠がでてきた、ということだったのですが、あっという間に消えました。日本では、訳本が1冊出ていたのですが。

秦郁彦がいうようにロシア発情報は気をつけなければいけませんね。

投稿: tomojiro | 2009年6月25日 (木) 21時05分

その話は知りませんでした。日本で信じている人がいたりして。ロシアから出るこういう情報って金目当てなんでしょうかね。ソ連史料の扱いも難しそうです。

投稿: mozu | 2009年6月26日 (金) 00時57分

ついでにアメリカのリヴィジョニストのあやしげな説に日本の右派が飛びつく光景にも知的退廃を感じますね。都合がよければなんでもいいのかと。

投稿: mozu | 2009年6月26日 (金) 01時15分

これですね。
http://fch.fiu.edu/FCH-2003/Uldricks-Hitler1-2003.htm

ソビエト崩壊後、このSurovovの主張を裏付ける有象無象の“証言”や“証拠”がでてきたのですよね。この記事によればプラダまで一時この説を掲載したようなので。
http://www.ihr.org/jhr/v18/v18n3p40_Michaels.html

ドイツのマスコミも90年代半ばまでには、取り上げたのですが、歴史学者の実証的否定でいつの間に消えてしまいました。一部右翼では、今でも信じられているのでしょうが。

投稿: tomojiro | 2009年6月26日 (金) 09時21分

Acefaceさん、此処のコメントで屢すばらしい知識を披瀝される方が、引用事件を間違えながら得意然として語るのはどうでしょうか。それに『裏付ける文書はまったくな』いからトンデモないもので、トンデモ本だ。それを『さらに孫引きしたトンデモ本を元に論を展開してい』る中西×政とか田母神某とかは云々と言うのは、結論の急ぎ過ぎではないでしょうか。ドミトリー・プロホロフ氏は産経新聞紙面と雑誌正論紙上で語っていたと思います。
謀略と言うのは、証拠となる文書の類を残さないものです。あなたが語っている張作霖爆殺事件に関し、河本大作大佐が関与していたと言う裏付け文書が存在するのでしょうか。伝聞以外寡聞にして知らないのですが。
また、これは個人的感想ですが、彼が首謀者だとして、彼の経歴、性格、言動から判断すると、御輿担ぎとして適任であり、彼がGPUの謀略に嵌って行動していたと言う可能性も考えられなくはありません。

投稿: chengguang | 2009年7月 1日 (水) 11時24分

”引用事件を間違えながら得意然として語るのはどうでしょうか。”

どこの引用事件が間違えているのでしょうか?
あなたの指摘には明記されていませんが?

田母神氏や中西教授はチアン・ハリデー夫妻の「マオ誰も知らなかった毛沢東」における張作霖爆殺事件:ソ連犯行説に関する記述を論拠にしています。その元がソ連崩壊後に公開された記録文書に明示されていた、というのですが、実際にはそんな文書はなかったということです。そんなものに依拠する「マオ」はトンデモ本としかいいようがないですね。

”河本大作大佐が関与していたと言う裏付け文書が存在するのでしょうか。伝聞以外寡聞にして知らないのですが。”

日本軍の大陸での謀略の多くは、おっしゃるとおり書類が残っていません。また敗戦直前に焼却された可能性もあります。
しかし、あなたの立場は「謀略は証拠となる文書の類を残さないもの」という立場に立っておられるのだからどっちだって関係ないでしょ。

河本大佐の関与は、戦前の日本軍部と戦後の中国での聞き取り調査で確認されています。ただ私は河本個人の関与の有無にはあまり関心がありません。「張作霖爆殺事件:ソ連犯人説」に批判的なだけです。

「得意然で語る」のはお生憎様。でもあなただって御同様。同病相哀れむのはこの辺で止めにしましょう。

投稿: | 2009年7月 1日 (水) 13時32分

私のコメントに対して返答下された方の名前がないので、ご当人かどうか不明ですが、『どこの引用事件が間違えているのでしょうか?あなたの指摘には明記されていませんが?』と書かれています。それとなく下の方に書きましたが、お分かりにならないようなので明記します。
Acefaceさんは『柳条湖事件の真犯人は関東軍の河本大作大佐ではなく』と書かれています。文意から判断してコメントを書きましたが、柳条溝事件というのは、1931年9月18日夜、奉天と新京とを結ぶ南満州鉄道が、奉天郊外の柳条湖と北大営を結ぶ地点で爆破された事件を言います。
張作霖爆死事件は、1928年6月4日朝、皇姑屯駅と奉天駅の間の京奉線路と南満州鉄道とが交差する地点で発生した事件です。
従いまして、『柳条湖事件の真犯人は関東軍の河本大作大佐ではなく』は正解ですが、Acefaceさんのコメントの主要説明とは異なります。納得戴けたでしょうか。

投稿: chengguang | 2009年7月 1日 (水) 19時54分

確かに「柳条湖事件」ではなくAcefaceさんが指摘したかったのは張作霖爆殺事件、いわゆる「奉天事件」ですよね。ただそれは文脈から明らかなのでは。ユン・チアン/ジョン・ハリデー夫妻の「マオ」が触れた事件とあるので。

「彼が首謀者だとして、彼の経歴、性格、言動から判断すると、御輿担ぎとして適任であり、彼がGPUの謀略に嵌って行動していたと言う可能性も考えられなくはありません。」

ほう、面白いですね。秦郁彦氏がいうように「上杉謙信は女だった」なんて推論が面白おかしくTVで紹介される時代なのですが、chengguangさんがこれを「証明」できたら歴史学の博士号取得、大学教授も夢ではないですよ。

中西先生や西尾先生は、”珍説派”なので、chengguangさんが彼らと同じように珍説を提唱して楽しみたいだけなのか(これはこれで楽しい戯れですが)、まじめに日本の歴史学会をギャフンと言わせて、博士号取得を目指しているのか、決意のほどをぜひ聞きたいですね。

投稿: tomojiro | 2009年7月 1日 (水) 20時42分

ちなみに上のコメントは当人です。なんで消えたのかな?

”Acefaceさんのコメントの主要説明とは異なります。納得戴けたでしょうか。”

一本とられた。これからはコメントを投稿するまえに一度確認しましょう。

しかし、悪あがきをするようですが、主要説明は、あくまでソ連犯人説の出元とされる書類が実際は存在しない、あるいは著者以外には確認できない、ということです。
中西さんにしても、田母神さんにしても、内閣が一つ吹っ飛ぶほどのスキャンダルになったという当時の歴史的事実をなぜ等閑視して、素性も分からないロシアン人のいうことを信じるんですかね。

「マオ」でソビエト関連の文献を渉猟したのは、夫君のジョン・ハリデーで、70年代は日本研究者でもありました。(アルバニア研究家にして映画評論家でもあります。)「日本の衝撃 甦える帝国主義と経済侵略」なる本もあります。ウィキペディアには載っていませんが、イタリアの映画監督パゾリーニについての本も晶文社から出してます。なんでもメキシコ国立大学で大江健三郎や鶴見俊輔が客員教授になる前に現代に本論を講義していたというバリバリの左派です。多才でユニークな人と思いますが、あんまり学問的に信用はおけないか、と。(まあ、柳条胡事件と奉天事件を間違える奴よりはマシですが)


投稿: Aceface | 2009年7月 1日 (水) 22時10分

駅名の訂正
『張作霖爆死事件は、・・・皇姑屯駅と奉天駅の間の京奉線路と・・・』と書きました。しかし、奉天駅と書いたのは正確ではありません。手元の地図のコピーが1919年、次が1933年で、その間の地図を持っていないので、当時の正確な駅名が不明のため、現在の駅名で言いますと、『瀋陽北駅』となります。なお、当時の奉天駅は、現在は『瀋陽駅』となっています。

投稿: chengguang | 2009年7月 2日 (木) 21時01分

I received my first mortgage loans when I was a teenager and that aided me very much. But, I require the collateral loan also.

投稿: CashLESSIE21 | 2011年8月10日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/507226/30179784

この記事へのトラックバック一覧です: 日露戦なかりせば:

» 高収入バイト女性高収入アルバイト求人高額バイト [高収入バイト女性高収入アルバイト求人高額バイト]
高収入バイト女性高収入アルバイト求人高額バイト [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 13時40分

« 気分はいつも直滑降 | トップページ | ブルカをめぐる熱い論争(1) »